読書でスッキリ!新しい本に出会おう

読書 のすすめ新しい本に出会おう

 

読書でスッキリ!新しい本に出会おう

 

最近は、月に3冊以上本を読む人って少なくなっているそうです。
本には、他の人が人生での経験してきたことや考えてきたことそれによって
経験した結果教訓・見解がたくさん詰まっていて自分で経験することなく学べる。
読むたびに新しい発見がありそんな本を読まないなんて勿体ないですよね。

The Confidence Game 信頼と説得の心理学

 

 

 

 

目次  信頼と説得の心理学


 

はじめに

Chapter1 詐欺師と標的
Chapter2 下準備
Chapter3 実行
Chapter4 仕掛け
Chapter5 騙し
Chapter6 説得
Chapter7 崩壊
Chapter8 追い打ちと仕上げ
Chapter9 トドメの一撃
Chapter10 最古の職業

 

著者は、ハーバード大を卒業し、コロンビア大学で心理学の博士号を
取得した心理学のスペシャリスト、マリア・コニコヴァ。

 

 

本書は、「なぜ詐欺師は、いとも簡単に人の信頼を勝ち取り、騙すことができるのか」
という、詐欺(=心理戦)の背後にある心理的要素を解き明かしていきます。
中を開けば事例が豊富にあり、面白く読み進められます。

 

例えば、
★★―━━━―…‥・・‥…――…‥・・‥…―━━━―★★
●佐村河内が使った、人を魅了する「ストーリー」の魔術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「フリーメイソンに追われている」という嘘を信し込ませる優性バイアス手法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●警察官を偽の選挙に加担させ、資金提供を約束させる「仕掛け」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●初対面て?200万円を払わせる「接触」技術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●医師免許を持たずに軍医になりすます「信頼獲得」テクニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

など、事例と一緒に「信頼と説得」の達人である
詐欺師の技術を学ぶことができます。

 

※注意! 詐欺は犯罪です。法に触れる行為はしないでください。

 

 

 

人を動かす"共通点の見つけ方

 

 

あなたは、人の心を動かす方法に興味はありますか?
特に、商品を売る時に「この商品欲しい!」ってなるようにお客の心を動かすことができたら、、、

 

いつもは売るのが難しい商品でも簡単に売れそうじゃないでしょうか?

 

いくつか動かし方があるのですが、今日は僕自身なるほど!と思った
考え方があるので、ご紹介します。

 

 

商品の詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

 

The Confidence Game 信頼と説得の心理学

 

私たちは親しみのある人物や、自分に似ている人物を信用し、心を開く。
自分に似ていて、自分が知っている者なら、傷つけられる恐れも少ないだろうし、
自分のことをより理解してくれるはずだと思うからだ。

 

新しく知り合った人と笑いや服のセンスが同じなら、
ほかの点でも気が合う可能性が高い。

 

というのも趣味や習慣やライフスタイルの選択には、
その人の価値観が現れているからだ。

 

一方で、自分とまったく異なるタイプの人は、
よくない動機を持っているかもしれない。

 

 

以前霊能者に「ニューヨーク出身ではないですね?」と
一見何の関係もない質問をされたことがある。

 

ええ、違います、と答えると、霊能者もニューヨーク出身ではない、
もっともいまさら別の場所では生きていけないでしょうけど、と言った。

 

 

私もうなずいた。透視中にさらに多くの?共通点?が見つかった。
彼も自分の職業にずっと不安を抱いていて、変化を起こしたいと思っていたこと。

 

 

実際は芸術家肌で、ときどき才能が
枯渇したのではないかと感じることもあるが、
それでも食べていかなければいけないこと。

 

 

セッションが終わるころには、私は彼を身内のように感じていた。
(彼の透視を終えた顧客の大半は、きっと同じように思うだろう。

 

 

シルビア・ミッチェルの顧客が彼女を友人――自分と似たような
問題や願望を持った、自分に似た人物――とみなしたように)。

 

 

心理学者リサ・ドゥ・ブリュイヌはある実験で、
相手の行動を見ながら行動する交互進行ゲームを被験者におこなってもらった

 

 

(このジャンルで有名なのは「囚人のジレンマ」と呼ばれるゲームで
協力すれば平等に利益を得られるが、一方が裏切れば他方は損をするというもの)。

 

 

ただし、対戦相手は存在しない。対戦相手はヴァーチャルで、ある写真をふたとおりに
――ひとつは他人に、ひとつは被験者に――似るように徐々に変化させていった。

 

 

対戦相手の顔が自分に似るほど、被験者の信頼度は高くなった。
そして誕生日(誕生月だけでも)や名前など、

 

表面的な共通点が増えるほど相手に対する好意は高まり、喜んで協力するようになった。
だが詐欺師が平気でやるように――ちなみに偽れば偽るほど、ボロが出やすくなる――

 

 

類似性や親近感は偽ることができる。相手に似せるのは簡単だ。

 

誰かに好意を抱くと、私たちはその人の行動や表情やジェスチャーをまねる傾向があるが、
これはカメレオン効果と呼ばれる現象だ。

 

 

これを逆手にとることもできる。こちらがまねをしていると、
まねをされた相手は親近感を覚えるため、
好意を寄せる過程を自然に演出できるのだ。

 

私たちは日々ささやかな詐欺行為をおこなっており、たいていは無意識だが、
ときとして誰かの言葉や興味にあえて共感してみせることもある。

 

 

だが、通常プラスに働くそうしたサインは容易に改ざんされ、あっという間に優秀な詐欺師が
必要とする情報と化す場合もある。

 

他人の視点から率直に物事を見るようにしてほしいとは、デール・カーネギーが
人を動かすという、はからずも詐欺師のバイブルとして役立ちそうな著書で書いた助言である。

 

もし問題に直面しているのなら「他人の視点に立って話すこと」。
通りがかりに何かを言われたら? その言葉を多面的に反芻すること。

 

 

正確にサインが読めていたか?
――季節外れの日焼けは、フロリダ出身? 情報をつかめ。

 

そうすれば、好ましく思われるうえに、自分に自信もつくというものだ。相手の防御は下がる。
すると突然、必要な材料が手に入り、あっという間に詐欺の準備が整うのだ。

 

今日の”共通点を見つける方法”は実際詐欺師が人を騙す時に使う方法なのですが、
正しくビジネスの場で応用すれば、お客さんの信頼を勝ち取るためのとても有効な手段となります。

 

 

そもそも商品はお客さんの悩みや問題を解決するためのものですよね。

 

 

その問題や悩みを素早く、正確につかむ事が出来たら、
もっと商品が売りやすくなると思いませんか?

 

 

こちらのページには、今日紹介した人の心を掴む方法を含んだ、
人間心理に基づいた、信頼と説得の心理技術」が書かれています。

 

 

 

商品の詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

 

The Confidence Game 信頼と説得の心理学

現代広告の心理技術101

 

 

 

目次 現代広告の心理技術101


INTRODUCTION 顧客は買いたがっている!

 

CHAPTER 1 人々が本当に求めているもの
CHAPTER 2 相手の頭の中に入る方法 消費者心理の17の基本原則
原則1 恐怖という要素
原則2 自我の変形
原則3 転嫁
原則4 バンドワゴン効果
原則5 手段・目的連鎖
原則6 理論を超えたモデル
原則7 接種理論
原則8 信念のリランキング
原則9 精緻化見込みモデル
原則10 影響力の6つの武器
原則11 メッセージの構成
原則12 セルフ・デモンストレーション
原則13 二面性のあるメッセージ
原則14 反復と重複
原則15 修辞疑問文を使う
原則16 証拠
原則17 ヒューリスティックス

 

 

CHAPTER 3 買わずにいられなくなる秘密のテクニック 買わせるための41のテクニック
CHAPTER 4 ホットリスト レスポンスを急増させる101の簡単な方法
EPPILOGUE 広告のプロが最後に言いたいこと

「現代広告の心理技術101」

 

反応を取る広告を作るための本広告の目的は人に行動させること
この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。

 

 

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になる。

 

 

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

 

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから
人が広告を見るときにどういう心理が働くかという広告行動心理を徹底的に研究し、それを

 

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニックにまとめました。

 

 

 

この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

 

売れる広告が使う秘密の心理技術
あなたが普段何気なく見ている広告。しかし、その表現の裏側には、すべて理由があります。
広告の細部にわたって、ある「秘密」が隠されているのです。

 

その「秘密」とは、消費者にその広告を目に留めてもらい、そして商品を購入してもらう、
つまり行動してもらうための人間心理です。

 

売れている広告には必ず人間心理に基づく技術が使われています。
そして、その人間心理に基づいてあらゆる表現がなされているのです。

 

もしあなたが、そのような人間の行動心理をマスターして、消費者が
行動せざるをえない売れる広告を作りたいと思っているなら、、、

 

きっと、この本「現代広告の心理技術101」がとても役に立つでしょう。

 


商品の詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

 

現代広告の心理技術101

忙しい社長のための休む技術

 

 


目次 忙しい社長のための休む技術


 

第1部 新しい働き方
第2部 持続可能性/身体
第3部 安全/情動
第4部 自己表現/頭脳
第5部 存在意義/精神

 

1993年に証明された”怠けるほど上手くいく理由

 

プロのバイオリニストのうち、特に優秀なバイオリニストがいるのですが、

 

彼らは平均、1日辺りどれくらいバイオリンの訓練をしているか知っていますか?

 

 

 

8時間?10時間?それとも12時間????????

こたえは「長くても4時間まで」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

これは、各分野の超一流のパフォーマンスについて-
長年研究している第一人者が1993年に発見した事実です。

 

 

 

超一流のバイオリニストは、訓練以外の時間は、読書をしたり、趣味に没頭したり
運動したり食事を楽しんだりしていたのです。

 

なぜならそれが「もっとも効果が高い」からです。

 

彼らは言います。「4時間以上訓練しても、意味が無いどころか逆効果になる」
つまり彼らは「戦略的に休む」ことによって(しかも楽しみながら)
健康的でエキサイティングな日々を送りながら、最高のパフォーマンスを出しているのです。

 

 

 

これはもちろん、バイオリニストにだけ当てはまることではありません。
スポーツでもチェスでも、その道の超一流は、「1日の訓練時間を長くても4時間までにしている」と、
多くの研究者たちが結論づけています。それは、当然ビジネスにも当てはまります。

 

 

もしあなたが、

 

・仕事で圧倒的な成果を出したい。
・午前中で一日分の仕事を終えたい。
・エネルギーとやる気に満ち溢れた毎日を送りたい。

 

といった「パフォーマンスアップ」に興味があるならこの新刊本「忙しい社長のための休む技術」は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あなたにとって非常に役に立つ一冊になるかもしれません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

 

忙しい社長のための休む技術

 

ちょっとイメージして欲しいのですが、、、たくさん寝るほど、売上が増えるとしたらどうですか

 

 

趣味に没頭するだけで、仕事の生産性が上がるとしたらどうですか?
映画を見るだけで、仕事に対する熱意がつふつと湧いてくるとしたら…?

 

 

とても楽だと思いませんか?
とてもワクワクしませんか?
もっと仕事と人生が楽しくなると思いませんか?

 

毎日、朝から晩まで長時間働く必要はなくなります。
イライラしたり、ストレスを感じたりしながら
体調が悪いまま、仕事をする必要はなくなります。

 

仕事ばかりして、家庭や本当に大切なことに
時間をさけないでいる、罪悪感を感じなくてすみます。

 

 

新刊本「忙しい社長のための休む技術」はこのように”正しく休むこと”で、

 

今のツラさやストレスから解放し、エキサイティングな人生を道へとあなたを導いてくれます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

 

忙しい社長のための休む技術